【報告】平成30年度 第一回 練馬区薬剤師会地区薬剤師研修会

  • 2018.09.30
  • 研修会

【報告】平成30年度 第一回 練馬区薬剤師会地区薬剤師研修会

    JPALSコード:13-2018-0181-101

    日本薬剤師研修センター:2単位

 

 

日 時:平成30年9月30日(日)13:00~17:00

場 所:ホテルカデンツァ光が丘 地下2階 ラ・ローズ

出席者:131名

                   

                    次 第

                    

                           司 会 理 事 栗原 雄治

 

1.開会の辞                         副会長 輿水 淳

 

1.会長挨拶                         会 長 関口 博通

 

   1)都薬アワー                 公益社団法人東京都薬剤師会

     「薬剤師行動規範に基づく薬剤師の使命       常務理事 髙橋 正夫

              の遂行と薬局業務の再点検」   理 事  関根 克敏 

       1 本年度の東京都薬剤師会の活動重点項目      

       2 薬局機能情報提供制度の改定

       3 日本薬剤師会薬剤師行動規範・同解説の判定について

 

   2)臨床薬学講習

     「解決!実践に役立つ栄養学~最新のエビデンスを添えて」

                         栄養ケアサポート maiale

                             管理栄養士 高橋 瑞穗

 

   3)練馬区薬剤師会から             一般社団法人練馬区薬剤師会

 

1.閉会の辞                         副会長 伊澤 慶彦

 

開会の辞~輿水副会長

 

9月30日(日)午後1時より、ホテルカデンツァ光が丘にて「平成30年度 第一回 

練馬区薬剤師会地区薬剤師研修会」を開催いたしました。

 

会長挨拶~関口会長

 

開会の辞、そして会長挨拶の後に、都薬アワーといたしまして 

公益社団法人東京都薬剤師会 常務理事 髙橋 正夫先生 理事 関根 克敏先生に「薬剤師行動規範に基づく薬剤師の使命の遂行と薬局業務の再点検」というテーマでご講演賜りました。

 

都薬アワー

 

都薬アワーの後に「臨床薬学講座」といたしまして

栄養ケアサポート maiale 管理栄養士 高橋 瑞穂氏より

『解決!実践に役立つ栄養学~最新のエビデンスを添えて』というテーマにてご講演賜りました。

 

臨床薬学講座

 

講演では、栄養相談を受けた時の流れから始まり、今回用意された「3つの事例」に沿ってフロアの参加者でスモールグループディスカッションを行い、後にその内容を発表するという形式で行われました。

 

スモールグループディスカッション

 

今回の研修会も「エリア別」の着席を行っていたので、ディスカッションを行うことにより、同じ地区の薬剤師との顔の見える関係構築の一助にもなりました。

 

ディスカッション内容の発表

 

そして「練馬区薬剤師会から」という内容で

 

防災委員会 友光 成仁主担当理事より

   「防災委員会からのお知らせ~NMAT事業・災害用備蓄医薬品ランニング

     ストック管理の運用変更・災害時における練馬区薬剤師会活動マニュアル~」

                    

在宅医療・介護連携委員会 會田 一惠主担当理事より

   「①【新・医療と介護の連携シート】活用状況アンケート

    ②【東京都在宅訪問薬剤管理実施可能薬局検索システム】

            地区薬剤師会での情報更新に際し、掲載内容の確認のお願い」

 

社保・生涯教育委員会 齋藤 英男より

   「保険講習~平成30年度9月末に経過措置をむかえる施設基準の報告について等」

 

社保・生涯教育委員会 伊澤 慶彦担当副会長より

   「生活保護法による医療扶助運営要領について」の一部改正(案)

 

これらについてご説明をさせていただきました。

 

 

 

防災委員会~友光主担当理事

 

 

在宅医療・介護連携委員会~會田主担当理事

 

 

社保・生涯教育委員会~伊澤副会長

 

 

最後に閉会の辞があり、4時間にわたる研修会は終了となりました。

当日はあいにくのお天気でしたが、多くの先生方にご出席をいただけました。

本当にありがとうございました。

 

薬剤師を取り巻く環境は、当日のお天気のように日に日に変化を遂げております。

しかし、患者さんのため、地域のためにさらに何ができるのか、何をして行くのか改めて考えることができた研修会となりました。

社保・生涯教育委員会

主担当理事 齋藤英男